本文へスキップ

みなさまの大切な保険をコンサルティングさせていただきます。

TEL. 06-6630-6033

〒542-0073 大阪府大阪市中央区日本橋1丁目14-13
サンオフィス日本橋502

よくあるご質問NEWS&FAQ

よくあるご質問

Q&A方式でのよくある質問集です。
一般的なご回答をさせていただいております。
お客様の環境や保険会社によってご回答が異なる場合ございいますので、詳細は個別にお問い合わせくださいませ。
その他、ご質問がございましたら『お問い合わせフォーム』よりお受付しております。


保険代理店って何ですか?

保険代理店は、お客様と保険会社を繋ぐ架け橋を担っております。
お客様の環境や将来のライフプランなどをしっかりと把握し、多数ある保険会社の商品からお客様にとってより良い商品をご提供させていただくところです。

FPとは何ですか?

FPと言う言葉はFinancial Planning の略語であると同時にFinancial Planner の略語でもあります。Financial という言葉は『財政上の、財務上の、金融』のといった訳語となります。
よって、ファイナンシャル・プランナーとは 『財政上のプランを作る人』と言うことになります。
ファイナンシャル・プランナーは、お客様が今後、資産面で『どのようなニーズ』をお持ちになっており、その資産目標を達成するには『どのようなプラン』を立てたら良いかについて、プロとしてアドバイスをさせていただきます。
身体の健康を保つために健康診断や医師からのアドバイスが必要であることと同様に、『資産の健康』を保つために、お客様の資産の健康について『アドバイスや健康診断』を行い、資産の健全性を保てるようにお手伝させていただきます。

相談は無料ですか?

はい、弊社は無料でご相談を受け賜りまっております。

相談に乗ってもらうと、保険に加入しないといけないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありませんのでご安心ください。
お客様にとってその保険が必要を感じられ、ご納得いただけた場合にのみご契約いただくものです。
プロとしてのアドバイスをさせていただきますので、お客様が想像をされていなかったプランもご提案させていただく場合があります。
ただそれは、プロからみてお客様が現在や将来に必要と思われる商品をご提案させていただいておりますので、ご理解いただきながらご検討いただければ結構です。

『保障の見直し』ってどんな時にしたらいいのですか?

ご結婚、お子様の誕生、就職・転職・退職など、人生でそれぞれの節目において見直しは必要になってまいります。
しかも、お客様に『どのような保障』、『どれくらいの金額』、『どのくらいの期間』が必要となるかは、どんどん変化していくものです。
人生のイベントがあった際や少し疑問や不安に思ったときは、いつでもご相談ください。
また、生命保険はその時代時代で保険商品も変化していきますので、一度ご加入されたら『当初加入された内容のままで良い』というものではありません。
反対にきちんとした分析を受けられることなく、商品の特徴を十分ご理解されず、勧められるままに新しい生命保険に切り替えるというのも望ましくありません。
そんな場合も、お気軽にご相談ください。

身内から加入した保険でも見直しが必要ですか?

身内の方からのご提案なので基本的には問題ないと思います。
ただ、保障内容がご自身に合った内容かどうかは、しっかりご理解いただく必要はあります。
最終的に保障するのは『担当者』ではなく『加入されている保険会社の商品』なのですから、ご不安のないように備えてください。

一つの保険証券(一社)にまとまっている方が良いのですが?

その方が保障内容は見やすく、管理しやすいかも知れませんね。
ただ、各社それぞれ特徴を持った商品がありますので、同じ商品でも保険会社が違えばご自身に合った保障内容が見つかる場合もございます。
いずれにしても、『どのような状況』で、『どんな保障が給付される』かを分析させていただきます。

色々な付き合いによって加入した複数の保険を整理したいのですが…

保険の見直しとは、複数の保険を総合的に分析することで『個々の役割を明確に』し、『無駄を省いていく』ことでもあります。
見直しにより無駄を省けば、保険料は下がる可能性もあります。
しかし、必要な保障まで省いては本末転倒となります。
必要か不要かをしっかりと診断及びご確認しながら仕分けを行います。

独身(または若い年齢)でも保険は必要ですか?

お若くご健康であれば保険料がお安くご加入できます。
ただ、飽くまで『保険』です。必ず皆さんが加入しなければいけない訳ではありません。
しかし、独身(または若い年齢)だから不要、子供がいるから必要といったものでもございません。
お客様が『将来の医療費や葬儀代についての不安を和らげたい』、『誰か(もしくは自分)を守るために保険が必要』と思われた時がご加入のタイミングだと思います。
そんなタイミングの話しも含めて、私共のいろんなお話しを聞いてご判断してください。

相談した後、具体的に保険商品を提案していただけるのでしょうか?

はい、お客様のお考えに沿った保険商品をご案内させていただきます。
現在ご加入中の保険の内容が良い場合は、それを活かしたプランをご案内させていただきますのでご安心ください。

最近「生きるための保険」が重要と聞いたことがあるのですが…

『生きるための保障』というのは、病気やケガなどに備える『医療保険』、特定の疾病に備える『「ガン保険』、介護が必要になった際に備える『介護保険』、働けなくなった時に備える『就業不能保険』などがあります。
中でも、少子高齢化社会で需要が高まっているのが『介護保険』です。
高齢になってから加入しようという方も多いですが、その分保険料も高めになり、健康状態のリスクもあります。
また『就業不能保険』は、死亡するのではなく生きているが『今までのように仕事ができない状態』になった際に保障される保険となり、新しいタイプとなります。
老後の生活費を国の年金制度とあわせて準備したい方は『個人年金保険』もございます。
商品はたくさんございますので、お客様の環境やお考えによりコンサルティングさせていただきます。

掛け捨て型と貯蓄型、どちらが良いのか迷っています…

それぞれメリットとデメリットがありますし、お客様の環境や考え方によって答えは変わってきます。
まずはどちらがお客様に合っているかをしっかりと話し合い、ご提案させて頂きます。

保障期間って終身が良いのですか?

保険を加入される際に重要なポイントの一つです。
基本的には保険期間は保障が切れない『終身型』が良いと考えております。
ただ、商品内容により保険期間が限定されている『定期保険』も必要な方もいらっしゃいます。
ご加入中の方は、ご自身の保険期間が『定期』なのか『終身』なのかを分析させていただきます。
これからご加入を検討されている方は、状況に応じたコンサルティングをさせていただきます。

無料相談が非常に良かったので、知人や友人などにも紹介したいのですが?

ありがとうございます。
コンサルティング後、非常に多くのご紹介をいただいており、大変喜んでおります。
お客様と同じようにご相談を受け賜わらせて頂きます。もちろん全て無料です。
保険証券の分析だけでも喜んでさせて頂きますので、気軽にお声をお掛けくださいませ。

バナースペース

ガーディアンコンサルタンツ株式会社

〒542-0073
大阪府大阪市中央区日本橋1丁目14-13
サンオフィス日本橋502

TEL 06-6630-6033
FAX 06-6630-6044